進藤冬華の滞在日記
10月23日
2020年10月23日

今日はいつもの格好で朝9時過ぎに家を出た。学生の通学時間以外で出かけるのはほとんど初めて。
丘の上は車とすれ違うことはあるけど歩いている人がほとんどいない。この時間のせいか店も閉まっているところが多い。
旧道の狭い路地、主に東側を歩いてみる。車も通れないし、場所によっては自転車もむりかもしれない。迷路のようにクネクネして、坂道をのぼったり下ったりすることもある。車などない時代にできた古い道なんだと思う。路地を歩いていると思ったら、誰かの家に行く道だったりする。歩きながら丘の斜面を見上げたり、見下ろしたり、向こうの山を見たり、景色が目まぐるしく変わり、視線が次々と移っていく。
家の回りを綺麗に片付けている人が多く、道路も掃除が行き届いていてゴミが落ちていることもない。
庭先にいろいろな花を植え、木々を丁寧に刈り込んである場所も多い、一方でちょっとした空き地にも色々な草花が見られる。今はセイタカアワダチソウがいたるところで花を咲かせている。

街に貼っているお便り第一号↓

街に貼っているお便り第二号↓