青木真莉子の滞在日記
日立市におじゃまします。
2020年11月3日

11月1日(日)晴れ、日立市に到着した。初日は制作場所にお借りするCocoonという日立市多賀町のコミュニティスペースにて、お世話になる管理人さんにご挨拶。柔らかな人柄に気持ちほぐれる。

挨拶のち、ご飯食べようとスペース近くをテクテク。

道沿いにポンツと佇む、半分葉っぱに覆われたご飯屋さんに惹かれて、吸い込まれるように入店。

「カウンターでお願いします。」カウンター奥に座っていたおじさんは言う。

カウンターに座る。

常連さんかと思ったおじさん、厨房に入る。おじさんは亭主でした。あたりを見渡してもお昼のメニューらしきものはない。両サイドのおじさん、おじいさんはビールを飲んでいる。ここはビールでいくべきか。。と瞬時に思いながらも、店先に出ていた、刺身定食&かきあげ定食を想像する。

刺身定食にした。500円だった。

食事中、亭主おじさんは家族の歴史をひたすら語ってくれた。刀をさしていたおじいさんの話から、板前修行、今にいたるまで、、、このささやかな時間、厨房後ろの小さな窓から入る光で、亭主おじさんの輪郭は光り輝いていた。

亭主おじさん、美味しかったよ、ありがとう。

店を出て、今度は海までテクテク。10分くらいと聞いた道のりは遠かった。

海に出会えた瞬間。思わず、最高だよ、、と思う。

サーファーが波にのりまくる中、ここで煙突出来るかなと制作プランを頭に回す。集まった「いし」は、現在2つ。全然集まっていないなぁ、どうしようか、困ったな。でも、いいもの作れそうな予感はすこぶるあって、1ヶ月がんばろうと思います。