青木真莉子の滞在日記
ねがいを込めて燃やす
2020年11月19日

いよいよ大煙突に向けて、ささやかな願い事が叶うように祈る日がきた。
凄い速さでこの日がきた事に驚く。

午前9時前、太田尻海岸に到着。
海岸は空気が澄み切っていて、とにかく綺麗だった。

さて、準備を始める。
下見で決めていた場所が大波が入り込んで、祈るには危険すぎる状態だったので、
最終的に最初のイメージと同じ、海をバックに祈る事にした。
薪ストーブを組み立て、機材を設置しているところで日立市郷土博物館の大森さんと大平さんが到着。
少し設置に手間取った後、大平さんに火おこしのレクチャーをしてもらう。
本当はレクチャー後に、火おこしを体験する流れだったが、あまりにも鮮やかに火をおこす様に感服してしまい、そのままスタートしてしまった。後にかなり興奮していたよと撮影クルーに言われる。段取り守らずごめんなさい。

正座し、漫画を火にくべる大平さん。
流れるアフレコのセリフ。
願いを叫ぶ青木&タコさん。
美しい海の音。
漫画は炎に包まれ、願いは煙となって大煙突に向かった。

ものの15分くらい。
凄くよかった。
昨今のルールが捻じ曲げられて成り立つ儀式が、今日出来て凄くよかった。
地元の子供達や、大勢の人とやりたいと思った。

協力してくれた大森さん、大平さんには本当に感謝。
ありがとうございました。